お知らせ一覧

2019.12.12TOPICS

災害訓練・災害時炊き出し訓練を実施しました

当院にて、11月15日(金)に災害訓練を、21日(木)に災害時炊き出し訓練を実施しました。
 
11月15日の災害訓練では、地震などの大規模災害が発生したという想定のもと、災害時の医療救護活動のシミュレーションを行いました。災害対策本部の立ち上げ、日常の診療モードから災害モードへ病院機能の切り替え、傷病者のトリアージ訓練等を行いました。
当日は、多数のスタッフが参加し、それぞれ傷病者役・医療者役を担って一致団結して訓練に取り組みました。
災害訓練の様子
災害訓練の様子>>
 
11月21日(木)の災害時炊き出し訓練では、災害時に入院患者さんへの食事配膳が不可能になった場合を想定し、栄養科の協力のもと屋外炊飯器による炊き出しを行いました。また、湯煎で炊いたおにぎりなど、災害時のさまざまな状況を想定した調理法なども試行いたしました。
炊き出し訓練の様子
炊き出し訓練の様子>>
 

災害はいつ何時起こるか予想できません。しかし災害発生時には最大限の医療救護活動ができるよう、当院は今後も災害に備えての準備や対策を続けてまいります。

 

当院の災害対策については、広報誌「ごろまるだより」2019年秋号(PDF)に特集記事を掲載しておりますので、どうぞご覧下さい。

【 災害訓練の様子 】

●災害対策本部を設置し、役割分担を決め、被害状況やスタッフ数の把握・情報の集約、指示出し等を行います。
●被災した傷病者(スタッフが模擬患者役をします)に対し、1次トリアージを行い、重症度別に対応します。
●緑・黄・赤・黒と重症度別に分けられた傷病者の救護や治療を行います。傷病者の状態は刻々と変化するためトリアージは複数回行い、治療にあたります。状況や必要に応じ、外部と連携し搬送を行います。

【 炊き出し訓練の様子 】

●栄養科のスタッフ協力のもと屋外炊飯器を使用して、おにぎりとお味噌汁の炊き出しを行いました。
災害時炊き出し訓練の様子 災害時炊き出し訓練の様子災害時炊き出し訓練の様子 災害時炊き出し訓練の様子
●湯煎で作ったおにぎりの試食なども行いました。
災害時炊き出し訓練の様子 災害時炊き出し訓練の様子