当院について

外来受付時間

8:00~11:30
休診日:日曜・祝日

面会時間

月曜~金曜
15:00~20:00
土曜・日曜・祝日
13:00~20:00

理事長挨拶

理事長

当院は、犬山市を中心としたこの地域に、安心して受診できる総合的な病院が欲しいという住民の皆さまの願いに応え、1982年に開設されました。病院理念の中に「地域の人々が安心して暮らせる心の支えとなる病院を目指します」とありますように、開設より現在まで地域に根差した医療を提供することを使命に掲げ、民間病院でありながら市民病院のような役割を果たしてきました。
近年は、CT、MRI、心臓カテーテル、体外衝撃波装置といった総合病院として必要な機器と、国際学会で活躍する医師など優秀なスタッフの確保を進めるとともに、近隣のクリニックの先生方と連携をして地域全体で質の高い医療を提供する体制づくりに尽力しております。
今後、ICTを活用した医療情報共有を進め、犬山市、尾北医師会犬山支部、周辺自治体が一体となった健康な町づくりを進めていく所存です。まだ、道半ばではありますが、住民の皆さまが満足できる病院をめざして今後とも努力し続けます。

社会医療法人 志聖会
理事長
竹腰 篤

院長挨拶

理事長

犬山市周辺でも高齢化が進行し、ご高齢の患者さんが多数を占めるようになりました。こうした時代において、病気を治す急性期医療だけではなく、歩く、食べるといった患者さんの生活力を回復させる医療も不可欠です。その点、急性期、回復期のリハビリテーションや地域包括ケアの入院病棟を有する当院なら、治療後に体の機能を回復させるリハビリテーションや栄養管理を受け、自宅や施設で
安心して生活を送れるようになるまで入院でき、また、健康診断、市民講座など病気の早期発見と予防にも注力していますので、病気でなくてもそうした機会に気軽にご利用いただけます。めざすのは、患者さんファーストの医療です。いかなる場面でも患者さんのことを第一に考え、喜びを与えられるように努力します。前職時代に病院経営改善に取り組んだ経験も生かし、皆さまに親しまれる病院づくりを進めてまいります。

社会医療法人 志聖会
総合犬山中央病院
院長
齊藤 雅也

病院沿革

1982年4月 犬山中央病院開設(理事長兼院長 竹腰 昭道)
1982年10月 救急告示医療機関の認定取得
1998年2月 総合病院の名称承認
2001年5月 開放型病院となり病診連携に注力
2003年10月 臨床研修病院に指定
2004年6月 回復期リハビリテーション病棟開設
2013年3月 社会医療法人認定 総合犬山中央病院と改称
2014年9月 地域包括ケア病棟を開設
2015年1月 電子カルテシステムを導入
2016年4月 訪問看護室開設
2017年4月 犬山南地区高齢者あんしん相談センター運営開始(犬山市委託事業)
2018年3月 院長に齊藤 雅也が就任、名誉院長に竹腰 昭道が就任
2018年6月 犬山中央居宅介護支援事務所運営開始

法人について

法人概要

法人名 社会医療法人 志聖会
理事長 竹腰 篤
所在地 愛知県犬山市大字五郎丸字二タ子塚6
設立 1968年9月27日
運営施設 社会医療法人志聖会 総合犬山中央病院

法人沿革

1961年5月 竹腰 昭道が岐阜市において診察所(竹腰内科)を開設
1968年2月 岐阜市に聖病院開設(病床数140床)
1968年9月 医療法人岐阜杏林会として法人化
1978年11月 医療法人社団志聖会に名称変更
1982年3月 医療法人社団志聖会 犬山中央病院竣工式
1982年4月 医療法人社団志聖会 犬山中央病院診察開始
1988年6月 医療法改正により、厚生大臣所管の医療法人となる
2013年4月 社会医療法人認可取得
新法人名 社会医療法人 志聖会に改称
同時に病院名も総合犬山中央病院に改称
2019年3月 竹腰 篤理事が新理事長に選出